看護小規模多機能型施設の視察に島根県浜田市へ行ってきました。

2016/4/20 看護小規模多機能型施設(看多機;「カンタキ」と呼ぶ)の視察に島根県浜田市へ行ってきました。
看多機は、通い、泊まり、訪問の三役をすべて提供する、しかも看護師が居ることで医療にも対応するという、まさに地域包括ケアを具現化したようなサービスです。ケアマネ機能も含めてトータルなケアマネジメントと提供をおこなうという意味ではビュートゾルフ的だが、通いや泊まりまで同じスタッフで包括提供されるからサービスレベルはずっと高いのが特徴です。
利用者にとっても、複数の事業所との契約が不要となり、窓口が一本化され、常に馴染みの職員が関わる安心感は計り知れません。急な泊まりの必要や24時間緊急的訪問にも対応できるので、一度これを利用すると、もはや普通のデイサービスには戻れないでしょう。もちろんこれほど利用者の都合に合わせたサービスを運営するには、かなり複雑なオペレーションとケアスタッフの医学的教育も必要となります。
あくまで在宅生活を支えるためのもの。現在全国に250カ所くらいあるそうですが、これが日本中に広がると、がん緩和ホスピスや認知症の精神科入院も減らせるだろうし、有床診療所作るよりずっと良いでしょう。看護のパワーをフルに発揮できる地域ケアの究極のカタチと感じました。
なかなか実情の見えない看多機、大変学びの多い視察になりました。そしていよいよ1年後に、当院の訪看「ナースケアステーション」による世田谷区初の看多機が誕生します!

(院長 遠矢純一郎)

aaaaa

aaaaaaa


日本内科学会総会で篠田医師が在宅緩和ケアの取り組みについてポスター発表しました

4/16 日本内科学会総会で、当院の篠田裕美医師が在宅医療におけるがん緩和ケアを、医療、ケア、生活、意志決定支援などの視点から包括的計画的にマネジメントするための取り組みについてポスター発表いたしました。

“訪問診療における『在宅緩和ケアサポートパス』の有用性の検討”
医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック在宅医療部
○篠田裕美,林瞳,森寿江,杉谷真季,五味一英,遠矢純一郎

拡大版はこちら→訪問診療における『在宅緩和ケアサポートパス』の有用性の検討
日本内科学会2016QR

 

 

 

 

 

 

 

取り組みの詳細はこちらをご覧ください。
クリニックの取組み > 在宅緩和ケアサポートパス


毎年恒例のクリニックのお花見 in 砧公園

毎年恒例のクリニックのお花見 in 砧公園
今年も診療の合間に全スタッフで砧公園でお花見をしました。4月からは新入職のスタッフが4名、育児休暇復帰のスタッフが2名加わりました。
引き続き、世田谷での在宅医療を支えてまいりますので、今年度も宜しくお願い致します。

IMG_5754

IMG_5755


「在宅緩和ケア勉強会」を開催しました

2016/3/27 今夜は地域連携先向けの在宅緩和ケア勉強会を行いました。
がん末期の方が在宅療養を希望されることが増えています。週単位あるいは日の単位で刻々と病状が進行していくなか、後手後手にならないような医療と介護の提供を適時適切に行うために各々の職種に求められることとは?
当院で取り組んでいる「在宅緩和ケアサポートパス」を紹介しつつ、在宅移行時にどのような支援が必要となるかについて、地域の多職種の方々とのグループワークで考えました。
メインファシリテーターは篠田裕美先生、林瞳看護師。

(院長 遠矢純一郎)

取り組みの詳細はこちらをご覧ください。
クリニックの取組み > 在宅緩和ケアサポートパス

高齢者住宅新聞の記事にも取り上げていただきました。
1604高齢者住宅新聞(緩和ケアパス)

 

 

 

 


メディカ出版「医療と介護Next」に当院の森橋看護師の記事が掲載されました

メディカ出版「医療と介護Next」2016年1月号に当院の森橋看護師の記事が掲載されました。
その中で、森橋看護師が「かけはしさんのケアとコツ~認知症の人の支援~」を執筆協力させていただいています。ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。

新規ドキュメント 35_1

新規ドキュメント 33_1


「在宅療養支援診療所における組織マネジメント」 全国在宅療養支援診療所連絡会第3回全国大会

当院の事務長村上が、全国在宅療養支援診療所連絡会第3回全国大会で発表した資料のご紹介です。是非ご覧下さい。

『在宅療養支援診療所における組織マネジメント』 村上典由


当院の五味先生、林看護師の往診風景が日本経済新聞に掲載されました。

2017年度の診療報酬改定の答申が出ましたが、日本経済新聞からあらためて在宅医療について記事にしたいということで、患者様のご協力を得て取材を受けました。当院の五味一英先生と林瞳看護師の往診風景とともに、2/11日経新聞朝刊に掲載されています。

jpeg