在宅医療部

今朝の院内勉強会は、五味一英先生による「新型コロナと葬儀」

2021/01/14 今朝の院内勉強会は、五味一英先生による「新型コロナと葬儀」。
今後COVID-19の在宅治療や看取りも増えてくることを想定し、看取り後の対応について厚労省のガイドラインをレビュー。
遺体からの飛沫感染はないが、体表面や体液からの接触感染が生じ得るので、「非透過性納体袋」(非透過性とは液体が浸透しないという意味、透明でも構わない)への収容が推奨される。もちろん看取った医療者から葬祭業者への情報提供も必要。
「新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等に関わる方へ」
https://www.mhlw.go.jp/content/000653447.pdf

いろいろネットをあさっていたら、こんな記事も。
冠婚葬祭をzoomで済ませたという話もしばしば聞きますが、最期の離別もリモートでというのは、なかなか受け入れ難い心情もあるのでしょう。
「リモート葬式したら絶縁された」
https://anond.hatelabo.jp/20210114104835


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。