報告

ブログトップへ戻る

「こどもドクター体験in桜新町」を開催しました!

初【こどもドクター体験in桜新町】を開催致しました!

内容:診察体験
   レントゲンツアー
   おくすり調剤体験
   お年寄り体験
日時:7月30日(日)
場所:桜新町アーバンクリニック&デイサービス
時間:10:00-12:00(高学年)12名
   13:00-15:00(低学年)12名
主催:桜新町アーバンクリニック
   ココカラファイン薬局桜新町店
   深沢あんしんすこやかセンター
   社会福祉協議会深沢地区事務局
共催:深沢まちづくりセンター
   なかまっち

と盛りだくさんの内容で大変盛況に終わりました。

この度のイベントの予約では、
定員24名に述べ1600件のお問い合わせを頂きました。
本当にありがとうございました。

地域の方々に向けて、
同じ地域のクリニック、薬局、行政が一緒に力を合わせて開催出来てからこそ、
とても内容が充実したイベントとなりました。
本当に皆さんに感謝です。

スタッフの隠れた才能が大活躍し、
体験ブースの内容は充実したものとなり、
自由研究発表にもなるドクターズノートはとてもクオリティ高く、
飾り付けも全てスタッフの手作りで大変素敵な会場となりました。

参加してくれたお子さん、そして親御さんもとても楽しんで下さり、
おかげさまでこちらも皆さんと共に楽しくイベントを行うことができました。
ありがとうございました。

次回は未定ですが、きっと・・・

事務長 遠山

20376023_1267196270056429_4758373228665166115_n

20597046_1267196273389762_4870822198440599922_n

20476554_1537690732919184_4332066863326628076_n

20476381_1537689999585924_8923440541397809670_n

20429875_1537690062919251_4807587561795109175_n

20525506_1537690232919234_973299896684004506_n

20429773_1537690426252548_6809473429004651242_n

20597296_1537690512919206_7328648667551184912_n


感染症対策のロールプレイングをしました

お師匠さんも走る12月、ノロウイルスが流行り出すのはこの時期からと言われています。

クリニックにもすでに胃腸炎症状の方が多くいらしています。

 ノロウイルスにかかってしまったら、特効薬はありません。

1番は感染予防!

特に多くの方がいらっしゃるクリニックでは嘔吐時の適切な処理が求められます。

そこで先日、ナースチーム主催「嘔吐処理」勉強会を開催しました。(全員参加)

ただの座学ではなく、ロールプレイ方式です。

患者さん役には当クリニックDr”たなかあきひろ”くん(38歳)。

 

S__1556530

事務の手塚さんに実際に模擬嘔吐を処理して頂きながら、

①手順、②その根拠をひとつひとつ確認していきます。


S__28450828

○○インタビュー○○

看護師高橋:『手塚さんどうでしたか?』

事務手塚:『高橋ナースにご指名預かりやらせて頂きました!以前に口頭で説明を受けて理解したつもりでいましたが、実際やってみて看護師さんの指示無しではスムーズにいきませんでした。処理中、自分にも付着しない様に気を付けなければ…他の患者様にも付着しない様に…と気を配る事が沢山あると思い、チームみんなで対応していく事が大事だと感じました。絶対一度はやるべきですね。』

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

患者さんの安全はもちろん、医療者も感染しないよう、手袋やガウン、シューズカバーの付け方から外し方まで。

こういう時はどうすれば?こう聞かれたらどう答えるか?

実際に経験すること生まれる多くの気づきや疑問を共有し、解決できた実りある時間でした。

 S__28450832

患者さんが安心して来院され、安全に診療を受けられるクリニックであるために、

私たちは日々邁進してまいります☻

 

P.S. 嘔吐してお子さんのお洋服が汚れてしまってもご安心を!

当クリニックにはお着替えもサイズ豊富にご用意しております。

15268092_1991075350909414_1700676622325381154_n

看護師 高橋

 


ビオキッズ2016in世田谷公園に出店しました

ビオキッズという「外遊びと子育てをテーマにした野外フェス」に

桜新町アーバンクリニックも「森のおくすり教室」として出店させて頂きました。

ビオキッズが世田谷公園で開催されるのは今回が初めて。

私たちもイベント出店は初の試みでドキドキでした。

が、やる気は十分!

看板までこだわりの手作りです。

看板

 

 

 

 

 

 

 

今回は私たち医師、看護師、薬剤師がスタッフとなって

誰かを想い、アロマを選び手作り軟膏を作ってもらおうという薬剤師の調剤体験です。

 

まずは誰のために作ろうかを決めて、(ママ?パパ?自分?)

顔シール

 

 

 

 

 

 

アロマを選び、

アロマ

体験様子

 

 

決まれば、いよいよ体験開始!準備は万端!

体験3

 

 

 

 

 

 

ワセリンに選んだアロマを入れて、

16-11-13_p_269

 

 

 

 

 

 

コネコネ(混ぜる棒ももちろん木製!)

体験様子4

 

 

 

 

 

 

 

 

名前を書いて、「森のおくすり薬袋」に入れて、

16-11-13_p_253

 

 

 

 

 

 

 

 

遂に完成☆最後に白衣姿で笑顔の記念撮影!

16-11-13_p_297

 

 

 

 

 

 

 

こだわりチェキでの撮影はスタッフも真剣そのもの!

16-11-13_p_200

 

 

 

 

 

 

 

 

良い味が出ています。

16-11-13_p_299

16-11-13_p_229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントが開始したと思ったのも束の間、

午前中には予約で午後の枠もすべて埋まってしまうほど、大盛況でした。

 

看板2

 

 

 

 

 

 

 

16-11-13_p_105

 

 

 

 

 

 

 

内容は簡単なものでしたが、親御さん共々とても楽しんで帰られ、

その姿に本当にスタッフ一同嬉しい思いでいっぱいでした。

 
そしてボランティアで参加して下さった、いつもお世話になっている調剤薬局の薬剤師さん達

がいたからこそ、とてもスムーズにイベントを進めることが出来ました。

本当に感謝しております。

 

スタッフとしてではなくても、

同じくいつもお世話になっている調剤薬局さんの薬剤師さんのお子さんが、

体験を終えたお子さんにと手作りのメダルを持ってきてくれたり、

色々な方が差し入れを持ってきてくださりと、

気温も暖かく気持ちのよい日でしたが、

たくさんの人の優しさに触れ、心も温まる有り難い1日となりました。

 

こういったイベントを通して、

普段、お会いする機会のない親御さん方々や、いつもお世話になっている医療従事者の方々、

そしてそのご家族と気持ちの良い空の下で、お会いできたことはとても貴重な機会で、

地域の医療を支えていきたい私たちにとって、とても意義のある1日となりました。

 

当日、ブースに来てくださった皆様、

また、参加するにあたりご協力してくださった方々、

本当にありがとうございました。

 

これからも、桜新町アーバンクリニックは常に全力でイベントに参加し、

様々な場所に参加させて頂きたいと思っております。

お見かけした際は是非お気軽にお声をお掛け下さい。

16-11-13_p_316

 

 

 

 

 

お待ちしております!

 

事務 遠山


ユマニチュード -フランス発の介護メソッド

8月24日に当院にておこないました、ユマニチュードの講演会のご報告です。こちらをご覧下さい。http://www.sakura-urban.jp/blog/?p=548

セミナー中で紹介された映像では、メソッドの実践によって精神症状をもつ患者さんが
心を開いていくさまが次々と映し出され、それは感動的ですらありました。
長いあいだ拘縮していた患者さんの手が開いたり、頑なに散歩を嫌がっていた患者さんが
外出したり、あるいはシャワーを嫌がっていた患者 さんが素直に浴びてくれるようになって
いくのです。そこには、単純に機能的な動きの発現だけではなく、明らかに何かが伝わった
というしるしが見て取れました。

こう書くと、まるで宗教のようですが、、、
たしかに、患者さんに対するジネスト先生の視線や触れ方は慈愛に満ちていて、
聖職者のようでした。ただ、その技術はジネスト先生のような限られた人だけが
できるというものではありません。誰でもが修得できる形に落とし込まれているのです。

また、データとしても、このメソッドにより、ケアの拒否や暴力が減り、ひいて
は介護者のストレスが減ることが示されているとのこと。

もちろん、実際の現場で実践していくにはきっと様々な困難があることとでしょ
う。また、上述した事例は一部なのかもしれません。
ですが、純粋に患者家族あるいは患者の立場を想像すると、理想の介
護の姿のありようを見た思いがしました。また、患者さんの認知機能低下によって
悩み・ジレンマを抱える看護師や介護職にとって福音となるメソッドだと感じました。

これから少しずつ日本国内でも普及していくものと思いますし、ぜひそうあって
ほしいものです。
個人的にも、ささやかですが、その広がりを支援していきたいと願う次第です。

外来事務 長田


高知で41度、国内観測史上 最高気温を記録

こんにちは、桜新町アーバンクリニック 事務の大草です。
本日、高知県で41度を観測し、全国の最高気温記録を塗り替えたようです 8-O

私が小さい頃(20年以上前ですが・・・)は暑い暑いと言っても耐え切れない程ではなく、

真夏にも関わらず友達と外で遊んでいたなぁという記憶がありますが

今ではクリニックから駅まで歩く程度でさえ苦痛に感じてしまいます。

気候が変わってきているのか、私の年のせいかは定かではありませんが、

体感としてはどちらにせよ辛い日々が続きますね。

さて、ニュースでは連日の様に熱中症の報道が出ています。

お外にいる方・・・のどが渇いた!と思う頃には既に体には水分が足りていない状態ですので

のどが渇く前にできるだけ小まめに水分をとるようにしましょう! :-)

 


素敵な頂きもの

不安定な天候の日々が続いていますが、当クリニックに通院していらっしゃる方から素敵なプレゼントをいただきました。
普段は海外含め様々なところで絵を描いていらっしゃる方から、桜満開の砧公園を描いたスケッチを、
またクリニックに季節のお花をお持ちくださる方から、そのお花を押し花はがきにしたものをいただきました。
飾らせていただき、クリニックが華やいでおります♪

続きを読む