在宅医療部

2017年春 新しい介護サービスを始めます!(前編)

2017年春 当院のメンバーが中心になって、世田谷中町で新しい介護サービス(看護小規模多機能型居宅介護、通称:かんたき)を始めます。事業所名は「ナースケア・リビング世田谷中町」、ご利用者様の暮らし・生活を支え、団欒できる居心地の良いサービスを目指します。
これから開設までの半年間、準備の様子などを定期的にお伝えしていきます!

4
特徴① 世田谷初、これからの介護のモデルとなる 看護小規模多機能型サービスです。

看護小規模多機能型居宅介護(通称:かんたき)とは、2012年にできた新しい介護サービスで、一つの事業所で介護サービスのすべてのサービス(訪問介護・訪問看護・リハビリ・デイケア・泊まり・ケアプランの提供)を提供することで、ご利用者様のご自宅での生活を支援するものです。また、在宅医師と共同で、介護スタッフ・看護師・リハビリスタッフ、栄養士、薬剤師等の多職種が一つのチームでケアを提供して行きます。当事業所は世田谷初の「かんたき」となります。

また、医療法人が「かんたき」を運営するのは全国でもまだ例が少ないですが、世田谷区で8年間在宅医療を提供してきた当院が「かんたき」を運営することで、これまで以上にご利用者様がご自宅で安心して生活できるようにサポートすることが可能になると考えています。介護スタッフ、看護師、リハビリスタッフ、ケアマネージャー、医師などの多職種がフラットな関係で、ご利用者様視点で自由闊達に話し合い、協力しながら、より良いケアを提供していきたいと思っています。

看多機説明イラスト

———————— 事業所概要 ————————

事業所名     ナースケア・リビング世田谷中町
施設形態     看護小規模多機能型居宅介護
所在地      東京都世田谷区中町五丁目21番6他(地番)
建物・階数      鉄筋コンクリート造3階建ての3階
床面積      約255㎡
定員数・居室数   最大29名,7室
開設日      2017年5月1日(予定)
協力医療機関   桜新町アーバンクリニック
併設事業所    ナースケア・ステーション(訪問看護)

(後編)につづく


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。