在宅医療部

ブログトップへ戻る

看多機管理者の片山看護師のインタビュー記事を紹介します

当院の看多機で使わせてもらっている特殊浴槽メトスさんによる、看多機管理者の片山看護師へのインタビュー記事です。看多機や在宅医療・ケアにかける思いをうまく引き出して下さっています。

よろしければご覧ください
ナースケア・リビング世田谷中町 編|VOICE with 個粋コンチェルト|METOS

個粋コンチェルトはこちら

名称未設定 2


シンガポールにあるセント・ルークス病院から3名の見学者がお越しになりました

2017/06/23 シンガポールにあるセント・ルークス病院の在宅医療部から3名の見学者(医師、看護師、事務長)がありました。今回の見学に至った経緯ですが、もともと一行は日本と台湾の医療の現場研修に訪れる予定があったのですが、その際に東京の在宅医療の現場も見学したいという希望があったそうです。一行から研修先の1つである福岡県頴田病院の本田院長に相談があり、以前から何度か医療職間の交流があった桜新町アーバンクリニックを推薦していただき実現いたしました。

当日は、まず当院の朝の申し送りと毎朝の勉強会に参加していただきました。その後、1名ずつに分かれて訪問診療に同行し、患者宅を伺いました。

訪問診療後、戻ってきてからは桜新町アーバンクリニックの紹介や運営の工夫についての話をしました。なかでも業務効率化と質の向上の取り組みとして当院で実施しているディクテーションによる診療録の記載、24時間対応(オンコールや当直など)、iPhoneを活用した情報共有には興味があったようで、細かい質問を受けました。

お昼にははランチョン形式で遠矢先生から日本の医療の現状、在宅医療制度や診療報酬制度、そして今後の方向性についてのレクチャーがありました。
日本はすでに超高齢社会に突入していますが、シンガポールを始め他のアジア諸国も急速に高齢化が進んでいること、医療の技術の進歩により在宅医療でできる範囲が大幅に増えていること、患者視点から患者が望む場所での医療の提供が求められていること、その中で日本では地域包括ケアシステムの構築が進められていることなどについて話がありました。
このレクチャーは双方的なディスカッションとなり、シンガポールの在宅医療や介護の現状についても先方から話がありました。例えば在宅医療に関しては、時間外や夜間は病院に対応を任せているとのことで日本の在宅医療の手厚さを感じました。
また介護面では近隣のフィリピンやミャンマーから住み込みで働く人を受け入れているので家族の負担が少ないそうです。日本より進んでいると感じたのは情報の共有化の部分です。シンガポールでは国としての規模が小さいためか、情報の共有化が進んでおり、血液検査やレントゲン、CT、MRIなどの検査結果に関しては別の病院で検査を受けていても自院のコンピューター上で確認できるそうです。各病院の診療録の共有化についても現在進められているとのことです。日本でも異なる医療機関間の情報の共有化が進めば、検査を重複しなくて済んだり、同じ質問について繰り返し答えなくて済むといった患者さんにとって恩恵があるだけでなく、限られた医療資源の効率的な利用をすることができたり、1人の患者さんについての多様な情報を集約できるので医療の質をあげる可能性があると感じました。

午後は、当院が5月に開設した看護小規模多機能型居宅介護施設である「ナースケア・リビング世田谷中町」を訪問し、見学しました。ここでは、訪問・通所・お泊りの3機能を合わせ持つ看護小規模多機能というサービスのコンセプトや英国スターリング大学と共同して認知症にやさしいデザインを取り入れたことなどの説明をしました。またこの施設が入っている建物には保育園やコミュニティカフェがあり、多世代間の交流にも力をいれており、その点についても興味を示していました。

今回のような見学者の受け入れは、当院のこれまでの取り組みの振り返りの機会にもなりますし、また情報交換の場として新しい刺激をうける貴重な機会だと感じています。見学に来てくださったセント・ルークス病院のみなさま、当院を紹介してくださった頴田病院の本田院長、どうもありがとうございました。
(事務 木内大介)
IMG_0572


日本在宅医学会大会で6演題発表しました

2017/6/17-18 第19回日本在宅医学会大会が名古屋市の名古屋国際会議場で開催されました。
当院スタッフ皆で参加し、学びの多い2日間でした。
当院からも5例のポスター発表と、「食の視点からみた多職種連携」のシンポジウムに当院の遠矢院長と、当院の連携先の日本調剤の名越薬剤師がシンポジストとして登壇いたしました。在宅で患者様を支えるために必要な”栄養”そして、少しでも”食”での楽しみをもってもらいたいという思いと、近くのスーパーで買えるもので家族やヘルパーが調理しやすいように考えられたメニューなど、それぞれの立場から関わっていく、まさに”連携”であり、患者様やご家族を中心とした取り組みだと感じました。

当院の発表者と発表内容は以下の通りです。
どの発表会場の多くの質問があり、当院での取り組みへの関心の高さも感じられました。

発表 氏名/職種 発表演題
シンポジウム 遠矢 医師  在宅サポートチームを含めた在宅医療における多職種連携と情報共有
ポスター 篠田 医師  呼吸器疾患を在宅で診る際に病院医と在宅医が知るべきこと
ポスター 片山 看護師  訪問看護から働きかける看看連携の実際
~病院と地域双方からの事例検討による看護師間の共通認識つくり~
ポスター 五島・宍戸 看護師  在宅医療における抗がん剤の曝露対策の実態調査
ポスター 大場 介護支援専門員  介護支援専門員からみた多職種連携の取り組み
~退院支援を通して、質を高めるための実践報告~
ポスター 村島 作業療法士  都市部における認知症初期集中支援チームの在り方と
作業療法士の関与

●在宅サポートチームを含めた在宅医療における多職種連携と情報共有 遠矢院長

●呼吸器疾患を在宅で診る際に病院医と在宅医が知るべきこと 篠田医師
拡大版はこちら
0001

●在宅医療における抗がん剤の曝露対策の実態調査 五島、宍戸看護師
拡大版はこちら
0001 (1)

●都市部における認知症初期集中支援チームの在り方と作業療法士の関与 村島作業療法士
拡大版はこちら
0001 (3)2

●訪問看護から働きかける看看連携の実際
~病院と地域双方からの事例検討による看護師間の共通認識つくり~ 片山看護師

●介護支援専門員からみた多職種連携の取り組み
~退院支援を通して、質を高めるための実践報告~ 大場介護支援専門員

そして、学会のお楽しみはその土地の美味しい物が食べられることではないでしょうか。
皆で美味しい名古屋めしを頂いてきました。
(看護師 赤崎真理)

image (3) image (6) image (7)

image (8) image (9) image (10)

image (11) image (12) image (13)

image (14) image (16) image (17)


頑張ってきてくれた看護師の森さんが産休入り。エールを送りました

2017/06/15 4年間頑張ってきてくれた看護師の森さんが来週から産休に入りますので、サプライズの花束贈呈と、学生時代応援団だった風戸先生が学ランでエールを贈ってくれました!

IMG_1104 IMG_1102

IMG_1103 IMG_1105


英国スターリング大学で「世田谷中町プロジェクト」について発表をしました

2017/06/01 法人の総事務長である大石が英国スターリング大学で行われたInternational Masterclass on design for dementia and ageingで看多機「ナースケア・リビング世田谷中町」を含めた「世田谷中町プロジェクト」について発表をしました。
ここには様々な国々(オランダ、スウェーデン、ノルウェー、スペイン、インドなど)からの参加者がありました。
発表後どの国々の人々からも世田谷中町プロジェクトに関しては高い評価を受けました。
DSDCの認知症デザインを取り入れたという点だけでなく、日本風にアレンジした点であったり、プロジェクト全体のコンセプトである多世代交流であったり、地域包括ケア型の街づくりにも非常に高い関心が寄せられていましたした。日本に来る際にはぜひ見学に行きたいとの声も多数ありました。

IMG_0293

IMG_0320

IMG_0341

IMG_0376


ビオキッズ2017in世田谷公園に出店しました!

2017/05/28 「外遊び」をテーマに「親子で楽しむ外遊び&子育てフェス」であるビオキッズ2017in世田谷公園に昨年に引き続き2度目の参加をしてきました。
当日は気持ちのいい晴天で、朝から沢山の親子連れで賑わっていました。
子どもと一緒に「楽しむ」「感じる」「気づく」「学ぶ」きっかけになるように企画されたブースが20店以上並んでいました。
biokids-top

自然の木を使ってはんこを制作する「消しゴムはんこ屋」や昔懐かしいベーゴマブース、割りばしと輪ゴムを使ってゴム鉄砲を作る「カラフルゴム鉄砲作り」などの実際に作ったり、遊んだりするブースから、「食」や「音楽」を通して、感じるブース、今回は、私たちと同じく医療者が出店しているブースも多く出店されていました。

わたしたち、桜新町アーバンクリニックも「森のお薬教室」として、ワセリンに自分で選んだアロマを混ぜて軟膏を作る薬剤師さんの体験をしてもらいました。
前回よりも数を増やしていたはずなのに、あっという間に予約が埋まってしまいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「前回もやって良かったから」や「前回は予約がいっぱいでできなかったから」などと言って下さった方も多くて嬉しくなりました。
子どもたちの笑顔や、パパ、ママと頑張る姿に元気をもらえました。
また、当院に小児科があることを知った親御さんたちが、場所を詳しく聞いてくださったり、地域のイベントを通して知って頂けて良かったです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、このイベントを開催するにあたり協力頂いた連携先の薬剤師さんたちに感謝致します。
  ・日本調剤在宅医療部 様
  ・ファーコス用賀3丁目薬局 様
  ・ファーマライズ薬局用賀店 様
  ・アイン薬局池尻店 様

当院では、この他にも地域に向けたイベントを企画しています。詳細はまた告知しますので、お近くの方は是非参加してくださいね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(看護師 赤崎真理)


「認知症ケア学会@沖縄」に参加して

2017年5月26・27日、沖縄県宜野湾市にある“沖縄コンベンションセンター”で「認知症ケア学会」が開催されました、当院から作業療法士の村島が参加・ポスター発表を行いました。

認知症初期集中支援事業から訪問看護・リハビリへ移行した方の事例報告で、「認知症」というキーワードに囚われすぎず、身体・認知面の機能や物理的・人的な環境、疾患などを多職種で多面的に評価する重要性を教わりました。“この視点を学会に参加された方々と共有したい!”という想いで報告させていただきました。

●物理的環境変化により生活障害へと発展した一事例
~実行機能障害の要因として照明が与えた影響について~
拡大版はこちら
0001

他にも、各自治体で動き始めた「認知症初期集中支援事業」の報告・事例発表や、若年性認知症の方への支援、シンポジウムでは認知症当事者の方やサポートする専門職・会社の方など、多岐にわたる発表がなされていました。
先月の国際アルツハイマー病協会国際会議でも、当事者の方からの提言・発信に多くの参加者が耳を傾けていましたが、今回も当事者の方からの熱いメッセージが発信されました。私たちは、その声を受け止めつつ、何が出来るか常に意識を高く保ち続けたいと思います。
来年は新潟で開催されるようです。きっとまだ梅雨入りしていない新潟での開催を楽しみに、今から準備をしていきたいと思います。

IMG_8078 IMG_8087
(作業療法士  村島久美子)


語らいの場”こかげカフェ”を開催しました。

2017/05/14 当院で初めての遺族会 語らいの場”こかげカフェ”を開催しました。
この”こかげカフェ”は、プラタナスの木の下の木陰でカフェをしながら語り合う、ということをイメージして、遠矢院長が命名しました。「なぜ、プラタナスの木?」かというと、プラタナスは医療の祖「ヒポクラテスの木」とも称されていて、ヒポクラテスはこの木の下で弟子たちに「患者のことを一番に考えるように」と教えたとされているからです。当法人の名前の由来でもあります。

当院が在宅医療を始めてから8年が経ちました。日々の診療の中で、たくさんの患者様、ご家族との出会いがあり、また年間100名以上のお看取りもさせて頂いており、その数だけの別れもありました。
患者様がお亡くなりになった後は、診療も中止となるためご自宅に伺うことはなくなります。近所を通るたび、また、ふとした瞬間に、「あの患者様のご家族は元気でいらっしゃるかな」「どんなことを感じて生活されているかな」などと思うことがよくあります。患者様と同時にご家族も私たちにとっては気になる存在なのです。

今まで遺族の方とお話する機会がなかったのですが、今回、当院の看護師の五島、村上玲子、船木の3名が中心となって、このような会を開催できました。
当日は、11家族、15名の方々に参加していただき、在宅で大切なご家族を看取った経験、その時の気持ち、現在までの気持ちの変化など、それぞれの想いをお話して頂きました。会場にいらした時は、表情も固く、緊張感が張り詰めていた会場でしたが、スタッフによるピアノ、ハンドベルの演奏、お茶やケーキを食べながらの団欒の時間を経るうちに、お隣に座ったご家族同士との話しも弾んで、皆さん笑顔になっていきました。

参加された方からは、「参加してよかった」「気持ちが少し軽くなった」「また頑張ろうと思った」「また開催して欲しい」と言ってくださる方が多く、この会を開催出来て良かったと思うと同時に、同じ辛さや経験を共有している者同士が共感できる、自分の辛さを話せる、理解してもらえる場所の必要性も感じました。そして、私たち医療者に感謝の言葉を頂けたり、「みなさんがいてくれたから最期まで自宅で看てあげられた」などの言葉も頂けて、私たちの癒しにもなりました。

ご自宅で大切な家族を見守っていくことは本当に大変なことだと思います。患者様は元より、ご家族にも寄り添う医療、看護の提供を行い、患者様がお亡くなりになったあとも身近に感じられるようなクリニックを目指していきたいとおもいます。

今回は、初めての遺族会ではありましたが、同じ空間と時間を皆で共有し、少しずつでもそれぞれの思いを分かちえたと思います。これからもこの”こかげカフェ”を継続していきたいと思います。
(看護師 赤崎真理)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_7324


2017/05/28 ビオキッズ2017in世田谷公園に出店します!

2017/05/28 ビオキッズ2017in世田谷公園に出店します!
「外遊び」をテーマに「親子で楽しむ外遊び&子育てフェス」として開催されているビオキッズが、昨年11月に世田谷公園で初めて行われ、今回5月28日に第2回目が開催されます。前回の開催時に当院も「森のおくすり教室」として出店させて頂きました。他にも、「遊びのワークショップ」や、「暮らしのビレッジ」などのテーマごとに様々なブースが並びます。

   期間 2017/5/28(日)
   10:00~15:30(小雨決行)
   最寄駅 田園都市線・世田谷線 三軒茶屋 / 田園都市線 池尻大橋
   場所 世田谷区立世田谷公園 SLひろば・桜ひろば・世田谷プレーパーク

ビオキッズ2017in世田谷公園についてはこちら
2017-in_sw_292

前回の開催時は、アロマを選び手作り軟膏を作ってもらおうという薬剤師の調剤体験を企画しましたが、わたしたちの予想を上回る大盛況で、途中で予約もいっぱいになってしまうぐらいでした。
IMG_0316

IMG_0319

IMG_0320

もっと多くの子どもたちに楽しんでもらいたい!と思い、今回も出店させて頂くことになりましたー!前回より軟膏の数を増やし、どのような内容にしたらより多くの子どもたちに楽しんでもらえるか、など、勤務終了後に作戦を練っています。前回よりもさらにパワーアップして楽しんでもらえるかと思います。是非、みなさま遊びに来てください。

前回のビオキッズのブログはこちら

R0000690

IMG_0323

(看護師 赤崎真理)