在宅医療部

第16回 日本在宅医学会大会で17演題発表しました。

3月1日(土)・2日(日)に浜松で開催された第16回 日本在宅医学会大会で当法人グループ全体合わせて17演題を発表しました。
医師、看護師、薬剤師、作業療法士、事務スタッフなど様々な職種が、シンポジウム、パネルディスカッション、優秀演題、口演、ポスター発表など様々な演題形式で発表をおこないました!
来年は17演題を上回る演題発表をしたいと思います。

氏名      発表演題
遠矢Dr    認知症初期集中支援を経験して―地域の多職種専門チームによる新たな認知症ケア―
西田Dr    癌末期患者の在宅診療開始時期についての検討
市川Dr    救急搬送された癌末期13症例から学んだこと
袴田Dr    膝関節注射にてADL改善が認められた在宅診療症例についての考察
篠田Dr    在宅緩和ケアにおける有床診療所の有用性について
遠藤Dr    病院救急部と在宅療養支援診療所の円滑な連携に向けて
片山Ns    認知症初期集中支援サービスモデル事業実践中途報告
尾山Ns    延命治療中止を決断した家族への意思決定支援と看護
市野Ns    認知症の独居患者を在宅で看取った一例
大須賀Ph   訪問診療クリニックにおける院内薬剤師往診同行の役割と実際
村島Ot    認知症初期集中支援チームに作業療法士の役割
事務長    診療現場と事務をつなぐ情報共有シート「コスト表」のご紹介
事務長    認知症高齢者にかかる医療・介護費用と「認知症初期集中支援チーム」の経済効果
事務長    地域の在宅医療を支える有床診療所の役割と要件~当院の入院実績の分析から~
スタッフ    ICTによる地域医療連携支援システムを広めるための改善策
スタッフ    「地域包括ケアシステム」構築の議論を促進させる現状分析と将来予測について
スタッフ    在宅療養支援診療所における「24時間対応」の負担軽減策と今後の課題

日本在宅医学会in浜松 遠矢先生日本在宅医学会in浜松 遠藤先生村上さん大須賀さん西田先生市川先生篠田先生片山さん増崎さん村田さん尾山さん、永田さん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>