医師・スタッフブログ

関東中央病院にて「病院から在宅医療へ がん診療における円滑な連携のポイント」というテーマでセミナーを開催

昨夜(6/5)は私達の主な連携先のひとつである関東中央病院にて、「病院から在宅医療へ がん診療における円滑な連携のポイント」というテーマでセミナーを開催する機会を頂きました。当院からは遠矢院長、五味一英医師、篠田裕美医師の3人で、それぞれ在宅医療におけるがん緩和ケアの総論、症例紹介、在宅緩和ケアパスについて講演し、病院スタッフにあまり知られていない在宅医療についての全体感をお伝えいたしました。

今回は、がん診療における役割分担というテーマでした。がんの診断に始まり、数年に及ぶ苦しい治療に寄り添いつづけるがん治療医にとって、患者さんとの命がけの信頼関係やその責任感の重さから、ご参加されていたある先生からは「私は、自分ががんの診断を行った患者さんは、棺桶に入るまで面倒をみろと教わってきた」とその心境を吐露されていました。

それでも患者さん側のQOLを中心に考えると、病院のがん治療医が終末期に出来ることには限りがあります。私たちは在宅医療を行う医療機関として、その真心をしっかり受け継ぎながら、残された時間を大切に過ごすための支援を担当します。このふたつの専門性がひとつながりになることで、患者さんにとって、また我々医療者にとっても、本当に安心出来るがん診療が可能となるのだと思います。今回の病院医、看護師らへのセミナーは、その大きなステップになったことを実感しました。これからも積極的にこのような活動を続けていきたいと思っています。

セミナー 遠矢院長 五味医師 篠田医師 全員


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>