このページでは、Javascriptを使用しています

桜新町のかかりつけ外来:内科・婦人科|小児科

メニュー
  • アクセス
  • サイトマップ
twitter
twitter

医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック

医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック

  • 内科
  • 皮膚科
  • 小児科
  • 婦人科
  • 心療内科
  • 在宅医療
  • 訪問看護

お問い合わせはこちら

外来のお問い合わせ

Tel: 03-3429-1192

Fax: 03-3429-1662

在宅医療部のお問い合わせ

Tel: 03-5716-5220

診療内容のご案内

診療内容のご案内 メニュー

診療科目

小児科


担当医:田中啓広、富塚太郎、細田亮、内山直樹、澤井潤


「小児科」とは、中学卒業までのお子さんを総合的に診る科で、大きな外傷以外の全ての疾患を診察します。
小児喘息やアトピー、発疹等についても15歳未満のお子さんでしたらまずは小児科を受診してください。子供の場合発疹などの皮膚の病気は川崎病は溶連菌感染症等全身的な病気の一つの症状として現れる事も多くあります。
一方で、小児科の大事な役目として上記の様な疾患を治療するだけではなく、病気にならないように予防して、積極的に健康管理を行います。
また、小児科が他の診療科と異なる大きな特徴は、対象となる小児が絶えず発育、成長しているということです。
さらには、その発育、成長の割合が時期によって大きく異なることでもあります。
たとえば小児科のなかでは、大まかに区分して、(1)新生児期(0~1か月)、(2)乳児期(1か月~12か月)、(3)幼児期(1~6歳)、 (4)学童期(6~12歳)、(5)思春期(12~17歳)としていますが、これらのそれぞれの時期で発育、成長の度合いが異なり、生理、代謝もそれぞれ特徴があるので、疾患の予防、治療には各時期ごとに発育度や生理の特徴をよく考慮して診療するように心がけています。

子供の具合が悪い・・・と思ったらまず小児科にご気軽にご相談ください。



このページのトップへ