クリニックについて

ブログトップへ戻る

「こどもドクター体験in桜新町」を開催しました!

初【こどもドクター体験in桜新町】を開催致しました!

内容:診察体験
   レントゲンツアー
   おくすり調剤体験
   お年寄り体験
日時:7月30日(日)
場所:桜新町アーバンクリニック&デイサービス
時間:10:00-12:00(高学年)12名
   13:00-15:00(低学年)12名
主催:桜新町アーバンクリニック
   ココカラファイン薬局桜新町店
   深沢あんしんすこやかセンター
   社会福祉協議会深沢地区事務局
共催:深沢まちづくりセンター
   なかまっち

と盛りだくさんの内容で大変盛況に終わりました。

この度のイベントの予約では、
定員24名に述べ1600件のお問い合わせを頂きました。
本当にありがとうございました。

地域の方々に向けて、
同じ地域のクリニック、薬局、行政が一緒に力を合わせて開催出来てからこそ、
とても内容が充実したイベントとなりました。
本当に皆さんに感謝です。

スタッフの隠れた才能が大活躍し、
体験ブースの内容は充実したものとなり、
自由研究発表にもなるドクターズノートはとてもクオリティ高く、
飾り付けも全てスタッフの手作りで大変素敵な会場となりました。

参加してくれたお子さん、そして親御さんもとても楽しんで下さり、
おかげさまでこちらも皆さんと共に楽しくイベントを行うことができました。
ありがとうございました。

次回は未定ですが、きっと・・・

事務長 遠山

20376023_1267196270056429_4758373228665166115_n

20597046_1267196273389762_4870822198440599922_n

20476554_1537690732919184_4332066863326628076_n

20476381_1537689999585924_8923440541397809670_n

20429875_1537690062919251_4807587561795109175_n

20525506_1537690232919234_973299896684004506_n

20429773_1537690426252548_6809473429004651242_n

20597296_1537690512919206_7328648667551184912_n


感染症対策のロールプレイングをしました

お師匠さんも走る12月、ノロウイルスが流行り出すのはこの時期からと言われています。

クリニックにもすでに胃腸炎症状の方が多くいらしています。

 ノロウイルスにかかってしまったら、特効薬はありません。

1番は感染予防!

特に多くの方がいらっしゃるクリニックでは嘔吐時の適切な処理が求められます。

そこで先日、ナースチーム主催「嘔吐処理」勉強会を開催しました。(全員参加)

ただの座学ではなく、ロールプレイ方式です。

患者さん役には当クリニックDr”たなかあきひろ”くん(38歳)。

 

S__1556530

事務の手塚さんに実際に模擬嘔吐を処理して頂きながら、

①手順、②その根拠をひとつひとつ確認していきます。


S__28450828

○○インタビュー○○

看護師高橋:『手塚さんどうでしたか?』

事務手塚:『高橋ナースにご指名預かりやらせて頂きました!以前に口頭で説明を受けて理解したつもりでいましたが、実際やってみて看護師さんの指示無しではスムーズにいきませんでした。処理中、自分にも付着しない様に気を付けなければ…他の患者様にも付着しない様に…と気を配る事が沢山あると思い、チームみんなで対応していく事が大事だと感じました。絶対一度はやるべきですね。』

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

患者さんの安全はもちろん、医療者も感染しないよう、手袋やガウン、シューズカバーの付け方から外し方まで。

こういう時はどうすれば?こう聞かれたらどう答えるか?

実際に経験すること生まれる多くの気づきや疑問を共有し、解決できた実りある時間でした。

 S__28450832

患者さんが安心して来院され、安全に診療を受けられるクリニックであるために、

私たちは日々邁進してまいります☻

 

P.S. 嘔吐してお子さんのお洋服が汚れてしまってもご安心を!

当クリニックにはお着替えもサイズ豊富にご用意しております。

15268092_1991075350909414_1700676622325381154_n

看護師 高橋

 


カルテ開示のこと

一度当院にご来院になった方はご存知かと思いますが、当院の外来ではご希望の患者様にカルテ開示をおこなっています*。これはカルテのコピーを印刷してお渡しする無料のサービスです。

もともとは、法人内でひと足先に開業した用賀アーバンクリニック(http://www.yoga-urban.jp/)ではじめた取組で、患者さんにも主体的に治療に参加していただきたいという趣旨が背景にありました。そのコンセプトが好評だったこともあり、当院でも取り入れたのでした。
一般的に、カルテというと外国語で走り書きで書かれているイメージがありますが、当院は電子カルテを使い、医師ができるだけわかりやすい日本語で書くように心がけています。したがって、患者様にとっても読みやすく、他の医師や職員も共有しやすいものとなっています。
このカルテ開示ですが、患者様によってさまざまな活用方法があるようです。たとえば、カルテをすべて保存して冊子にし、何かがあった際に病院に持参できるよう準備しているご高齢の方、あるいはお子さんをご親族が代理でお連れになった際に、親御さんに正確に病状を伝えるためにお使いになる方、などなど千差万別です。当院としても思い思いの方法でご活用いただきたいと考えています。

この試みが少しでも皆様の健康管理の一助になれば幸いです。

事務 長田

*一部診療科では診療科の性質上、おこなっておりません


外来の、少しだけ混雑がやわらぐ時間帯

外来事務の長田です。
ここ数日は過ごしやすい気温となってきました。少し肌寒ささえ感じるほど
です。寒暖の差も大きくなり、外来には体調を崩してお見えになる方が増えて
きています。そして、インフルエンザの予防接種も始まる10月からは、例年当院
の内科・小児科・消化器内科の外来も本格的に混み合ってきます。当院の医師
としては、(文字通り)休みなく次々と診療に臨むのですが(もちろん、できる
だけ丁寧に)、それでもやはりお待ちいただく場合が出てきてしまいます。本
当に心苦しいことなのですが、、、

さて、そのようななかにあって、じつは比較的空いている時間帯というのもあり
ます。それは、火曜から金曜の午後14時~16時頃です。日ごとのご来院状況に
よってお約束はできないのですが、運がよければぽっかりと空いている幸運(?)
の時間帯なのです。
お待ちいただくことに対する根本的な解決ではないのですが、お時間の調整が
つく方はぜひ上記の時間にご来院ください。
私どもとしましても、できるだけお待たせしないよう、これからも工夫を検討
してまいりたいと思います。


大きな目標への小さな工夫

こんにちは、桜新町アーバンクリニック 外来事務の大草です。

皆さんは「内視鏡」ってご経験ありますでしょうか?
人によっては、二度とやりたくない・・・という方や、
健康管理のため毎年やっています!という方もいらっしゃると思います。

さて、内視鏡では施術前に「キシロカイン」というお薬を口に含んで頂き喉の局所麻酔を行います。
これは、内視鏡で使うチューブを口から胃まで挿入する際、喉を通過した辺りで発生する嘔吐反射を
なるべく抑制し、円滑に検査を行うために実施するものです。
が、、このキシロカインというお薬、5分程お口に含んでいただくのですが、、非常に苦いです。
人によっては5分も含めない程で、うまく麻酔が出来ないケースもありました。
当院では、そんな方への対策としてスタッフが考える様々な試みを実施しています。
(例えばお薬を非常に低温にすることで、苦味を軽減させる等・・)

法人の理念である、「患者視点の医療」を実現させるという大きな目標に、
このような小さな工夫を積み重ね、スタッフ全員で「患者視点の医療」を実現できるよう頑張っています。

内視鏡は経験あるけど、、、薬が苦くて麻酔があまり効かなかった・・・という方や、
内視鏡はちょっと怖くてできない・・・という方、内視鏡に限らず
当院では出来るだけ患者様の心身の苦痛が少なくなるよう、医師、看護師、事務が
一体となって取り組んでいますので、お困りの際は是非ご相談ください。